なめろうのひとりごと

日々のことを細々と綴るブログ

「羨ましい」をやめて幸せに生きよう

 

僕はもともとさほど他人に興味のないタイプで、友達のインスタなんかクソの毛ほども興味ないし、そのせいか新しく知り合った人も相当気が合わない限り仲良くなるまでには時間がかかる。

 

しかし、そんな僕にも「羨ましい」という感情は持ち合わせていて、大学生活が充実している奴とかバイトをしなくても金銭的に余裕のある奴とか、めちゃくちゃに嫉妬心を抱いていた。

同時に、うまくいかないことは環境のせいにした。どちらかというと恵まれていない側に立っていたのは確かだから。

自分の力じゃどうにもならないことに振り回されるのなんてたまったもんじゃない。まあそれは今も思ってる。

 

 

でも、やめた。

 

 

他人を羨ましく思うのをやめた。

環境のせいにするのをやめた。

 

 

「隣の芝生は青く見える」ことからはきっと誰も逃れられない。

お金をたくさん持ってる人も、モデルと付き合うイケメンも、事業で大成功して地位を得た人も。なにかしら悩みがあって、他人を羨ましく思って生きている。

もしかしたら、人生イージーモードで悩みなんて無さそうな橋本環奈も「ケツが汚い」って悩みを抱えているかもしれない。(ごめんなさい)

 

だから他人に羨ましいという気持ちを持ち嫉妬心を持つのってすごくすごく時間の無駄使いだなって。

環境のせいにするのも然り。キリがないもん。

 

そうやって叶わないことを考えているくらいなら、それがせめて自分の近いところに来るように努力すればいいし結果を出すのがいちばん手っ取り早いし、精神的にも良いはず。

環境だって同じ。今の環境に納得できていないのなら、せめて将来自分が理想とする環境に身を置けるような生き方をするのがいちばんスマートだ。

自分の力で、自分の力じゃどうにもならないことを減らしていく。時間はかかるけど無理じゃないよ。

 

もし橋本環奈がケツが汚いのが嫌なら、汚いケツに生んだ親を恨む前にケツの美容法を調べて実践すりゃいいし、どうにもなんないなら美容皮膚科にでも行けばいい。(ごめんなさい)

 

そしてこれは最近の持論「悩みのタネは秒で潰せば秒でハッピー」に関わってくるんだけど、今日の本旨からは逸れるからまた今度。

 

 

実際のところ「羨ましい」をやめたら格段に生きやすくなった。気持ちの浮き沈みが減った。

もちろんそんなにすぐ割り切れるものじゃないから他人を羨ましく思うことは時々あるけど。

 

もしこれを読んだあなたが他人への嫉妬心を抱くタイプなら、ぜひすっぱりとやめてみてほしい。今よりも穏やかに生きることができるはず。

 

そして、誰もが他人に何かしら「羨ましい」と思うと同時に誰もが他人から何かしら「羨ましい」と思われていることを覚えていてほしい。

それがたとえあなたにとって地味で普通で価値のないことでも、それを持たない誰かからしたら宝だ。

 

自分には何もない、なのに!って思うかもしれない。でも、何も持っていない人なんていないんだよ。気づいていないだけ。

実感がわかないと分からないだろうけど、あなたは間違いなく何かを持っている。自信を持っていい。

 

少しずつ少しずつ、明るく幸せに生きていけるように頑張っていきましょう。僕と一緒に。