なめろうのひとりごと

日々のことを細々と綴るブログ

「宙ぶらりん」を理解した

 

 

まずケツから言っておくべきことがあります。

今年度、大学を休学することにしました。

 

「転部試験を受けて転部したい」というのが主な理由だけど、詳しいことは私と会った時にでも聞いてください。今日はこのための記事じゃないんで。

 

 

さて、休学するということは「学校に行かない」ということなのは自明のことだ。

そして学生である身分の人間から「学校に行く」という単純なタスクを抜き去ると、何ができると思う?

 

答えは簡単。ニート」「フリーター」である。

 

学校の長期休暇中の大学生はそれにかなり近い存在だと思う。実際私も「休学したら春休みが延長される感覚なのかしらね」なんて思ったりしていた。

しかし今こうやって生活していると、感覚的にかなり違った。ひしひしと感じてしまった。

 

ああ、宙ぶらりんな生活ってこういうことか。と。

 

本を読んだり勉強をしてはいるけど、毎日「何もない日」を過ごしバイトをして生きている、というのはかなり不思議な感覚を得る。

社会の一部になれていないって表現が一番近いかもしれない。

 

すごく漠然とした世界の中にいるのを感じる。生活の主軸になるものが無くて、文字通り「宙ぶらりん」。

今までフリーターに対する「宙ぶらりんな生活」って言葉にピンときてなかったんだけど、意外と的を射た表現だった。

 

人は、学生なら学校を主軸に生きるし社会人なら仕事を主軸に生きている。その他の時間で、バイトなり勉強なり投資なり遊ぶなりしている。

いずれの場合もそれは社会的グループの中にいるということで、尚且つある程度そのグループから「勉強」「仕事」など何かを強いられている。だから、多少は何も考えていなくても最低限主軸を失うことはない。

 

一方で宙ぶらりんな人間は、学校だ会社だという社会的グループに属しておらず、誰かに何かを強いられることがない

何も考えていなかったら、学位を得ることもなければ仕事も存在せず餓死するだけになるだろう。

 

そこそこ壮絶な世界だと思う。

私は実家暮らしだから食べ物に困ることもないし生活のために働く必要もないけど、そのどちらも(またはどちらか、でも)ないフリーターの人はよく食いつないでいけてるなあと感じてしまう。自分には無理だ。

 

社会的グループに属さない以上、一層気を引き締めて生きていかないと。

 

親の扶養内というかなり甘えられる環境でなおかつたくさんの時間をもらっている状態って贅沢だよね。

 

インプット的な意味も絡めて、いろんな人といろんな話がしたいので、ご飯誘ってください。

(矛盾させたくないから遅くても終電で帰るぜ)

 

半年後の転部試験。無駄にできる日は、ない。

応援よろしく。