なめろうのひとりごと

日々のことを細々と綴るブログ

お客様の中に心の震える音楽はいらっしゃいませんか

 

気付いたらギター始めて5年経ってた。正直下手すぎて5年って言いたくないどうもなめろうです。

 

近頃、いろんなバンドの曲を聴き漁ってます。

クリスチャンミュージックとやらを聴いてみたらジーザスジーザス言ってました。ゴスペルに近いのかなと思ったらそのバンドのサウンド凄くノリが良くてファンキーな感じ。意外性。

 

さて、そんな感じでわさわさと聴いてるわけだけど、

 

心が震える音楽に出会えなくなったなぁ…

 

なんて思うようになってしまった。

歳でしょうか。

 

一般的に人って好みの音楽は青春時代に決まるそうで、青春時代に好きになった音楽は人生を通してずっと好きなままで、大人になると新しい音楽を聴かなくなってくるらしい。

 

今のバンドシーンを見て「ロックは死んだ」とか言っちゃうおじさんとかがいい例だよね。

違う世代のおじさんたちによって何回ロックは殺されるのか。輪廻かよ。死んだのはあんたらの世代のロックスターのほうです。(寿命的な意味で)

 

まあ、それはそれとして。

 

ざっくりと言えば、

それって昔の感動が今のそれを上回ることが無くなった今の音楽を受容しづらくなってきているってことで、

それってつまり心の震える音楽に出会えなくなったってことで、

それってつまり当てはめると…

 

ワシやないかい。

 

早くもおじさんへの一歩を踏み出してしまったのだろうか。。

バンド単位ではまだ「これだ!」というものには出会えてないけど、最近になってシューゲイザーの良さにズブズブと嵌っていってるからセーフ。だよね。

 

これからも新しい音楽には定期的に触れていかなきゃなあ。

 

Led Zeppelinを聴かないとダメダメ〜‼️そんなんでギター弾いてるの❓❔

とか言っちゃう限界おじさんにはなりたくない。Twitter覗くとマジでいるから怖い。

 

 

最後に、私が心を震わせたバンドの曲を紹介させてもらおう。

目を通すだけでも。よければ聴いてみてください。

 

ギターを始めるきっかけはこの曲でした。

 

the pillows、世界でいちばん好きなバンド。いつ聴いても涙が出る。

 

泥臭い音楽の美しさ。最高にかっこいい。

 

Helsinki Lambda Clubは3年前にライブで観て一目惚れ。今でも大好き。

 

cinema staffの奇跡はほんと全てにおいて完成度が高い。以前は敬遠してたけど、この曲からcinema staff大好き人間と化した。

 

自分の好きになった音楽の軌跡を辿るのって面白いね。どいつもこいつも音楽性がバラバラすぎる。

 

これを読んでいるあなたも、こうやって振り返ってみると自分のルーツを辿るような気持ちになれて良いですよ。

 

あなたが心を震わせた音楽はなんですか?

 

なにか、人に聴かせたい!って感じたものがあったら是非コメント等で私にオススメしてください。聴く。私の心を震えさせてくれ。

 

ここのところ1000字以上書けるようになってきたのでいい感じだなあ。やっぱ春休みに引きこもりキメたのはよくなかった。

 

今日はこの辺で。

では。