なめろうのひとりごと

日々のことを細々と綴るブログ

「ファインダー越し」の発見をしよう

 

私が友達と遊んだり彼女とデートをしに出かけた帰り道、いつもいつも「うわあ今日写真撮ってないな」と心のどこかで思っていることに気がついた。

 

私はほんとうに写真を撮らない。

街の風景も、面白いことも、友達との自撮りでさえ。

 

写真が嫌いなわけではない。むしろ好き。古いアナログの一眼レフを買うくらいには。

でも、なんとなく「写真を撮ろう」という思考に至らない。その場が楽しければそれで良くて、その様子を画に残す、という動作をついつい忘れてしまう。

 

それってなんだかもったいないなあ、と。

 

インスタやTwitterなど、SNSを少し覗くとハッシュタグに「ファインダー越しの私の世界」なんてついた写真がごろごろと見つかる。

 

私は正直今まで「そんなタグつけてSNSに写真載せるのって痛い」って思う節があった。

しかし彼らが載せる写真には必ず彼らなりの「小さな発見」があって、それに各々が価値を見出して1枚の写真にしている。

 

きれい、かわいい、面白い、不思議。

そんな「小さな発見」を見つけるって意外と難しいことだと思う。それこそカメラを持って出かけない限り。

 

「小さな発見」を積み重ねていくことにさほど意味はないのかもしれない。だけど、それこそ小さい彩りが自分の中に灯るし、その彩りが豊かさの証にもなる…気がする。少なくとも精神的には幸福度が高まる。

 

今は写真を撮る、という面でしか小さな発見について考えられないから分かりやすい「景色」とかにしか適用できないけど、こういうのって訓練していったらもっと幅広く小さな発見をできるようになるんじゃないだろうか。

人の表情から心情を察する、みたいな。全く根拠は無いのでべつに期待してはいないけど。

 

 

さて。

「小さな発見」は「彩り」で、それは「豊かさ」ひいては「幸せ」につながってゆく。

 

小さな発見は、小さな幸せ。

 

それを見つけるために明日からカメラを持って出かけてみます。

 

近いうちに、あなたにファインダー越しの私の世界を見せてあげよう。

 

では。