なめろうのひとりごと

日々のことを細々と綴るブログ

変化とアイツと私

 

ごぶさたあけおめことよろ。どうもなめろうです。

近頃はHIKAKINの動画ばかり見ています。そのうち記事書くと思う。

 

 

さて、あなたには「できれば会いたくない人」「見かけたくない人」がいるだろうか。

私にはいます。何人か。

 

詳しいことは省くけど、彼らのことは中高生だった頃に知った。青春時代。

そして今の姿をSNSを通して見る度に「あぁ…」と残念な気持ちになる。

 

なにがあったのだろうか、というと、端的に言えば「変化」だろう。

環境の変化、人間関係の変化、趣味の変化。それらの要因に引っ張られる形で、人そのものが変化する。

 

「いったい何が彼らを変えてしまったのか!」なんていうのは愚問で、だいたいが上の3つの要因に収まるのではないだろうか。誰に限らず。

 

その変化が本人に良い影響を与えるかどうか。というのも大事だろう。

 

 

長くなってしまったが、私は彼らの「変化」が嫌なのだ。

できれば記憶の中のまま保存しておきたい。

 

私にそんなことを言われても、「は?」となるだけだろうけど。

 

 

 

なんかそうやって変化を嫌っているうちに、変化の無い自分だけが取り残されていくような。そんな不安を覚える。

 

もしかしたら、変わってしまったのは私のほうなのだろうか。

人を見る目。将来への気持ち。希望とか絶望。

 

 

なぜかズーンと暗くなる締めくくり。

書くことないんでこの辺でドロン。では。