なめろうのひとりごと

日々のことを細々と綴るブログ

学校が来い

 

ンア〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

夏休みが終わる。てか終わった。

 

ついに学校が始まってしまう。夏休みってあっけねぇ…

 

行きたくねー!

 

稼いだ金は定期代に消え貴重な時間は通学時間に消え周りのウェイを見て精神はすり減っていく(大学に友達がいないので)

そんな毎日が始まろうとしている。

 

すんごい憂鬱、というわけではないけど、やっぱり夏休みっていうのは楽だし楽しいし、馴染みの仲間と遊べてそれなりに幸せな毎日を過ごしたわけで。このまま生きていきたいと思ってしまうのが学生の性だよね。

 

それでもってさ、

うちの大学、家から遠いんですわ。
我が家、駅から遠いんですわ。

 

わざわざ家から遠い大学を選んだのは俺自身だから、大学の場所にケチをつけるのはお門違いなわけだけど。

家から近い私大はキツめのFランだし、だからといって国公立に手が届くほど偏差値は高くなかったし。

 

端的に言うと、俺が学校に行くのではなく、学校にこっちに来てほしいですわ。

ただ講義受けるだけだしさ…。教授が小難しいこと喋っているだけの90分間なんて、このご時世じゃ映像でも足りるわけじゃん。映像授業なんてのもあるし。なんでわざわざ通わせるのよ。

 

 

そういえば…去年の秋学期に俺と仲良くしてくれたHくん、元気かな。見た目メチャクチャ普通の大学生だし音楽やってるわけでもないのに、聴く音楽がコテコテのファンクだったな。

できることなら彼とまた授業を受けたいなあ、なんて思う夜です。

 

 

まあないものねだりばかりをしても仕方ないよね。普通に学校に行くよ。

さっきヒカキンの動画見て無性にペヤングが食べたくなったので、明日のお昼はペヤングにしよう。それを楽しみに学校へ行こう

 

 

おやすみなさい。