なめろうさん日記

日々のことを細々と綴るブログ

台風に興奮する少年時代

 

台風3号が上陸しましたね。

 

私の地元も例に漏れず大雨で、バイト中、窓から外を覗くと、大粒の雨が地面を叩いていた。

 

さて、こういう時に思い出すのは、少年時代のことである。

 

台風だとか大雨の日になると、あえて傘をささずに外に出て元気いっぱいに遊ぶ。普段は友達の家に集まってゲームなんかしてる癖に。

そして全身ずぶ濡れで帰ってきて親に叱られる。

 

そんな時代があった人、多いんじゃない?

台風が来る度に「T.M.Revolutionごっこ」がTwitterで流行ったりもしたし。

 

なんで大雨は少年心をくすぐるのだろう。

あの頃の私は、台風で大雨が降るときは家の中で漫画を読みながら風雨の音を聴くのが好きだった。

「あ、風強い。ゴウゴウ言ってる」そんな具合に。なぜだか、謎の特別感に包まれて興奮していた。

安全な家の中から眺める非日常。そういうのが楽しいのかもしれない。

 

今日の話に戻す。

 

バイトが終わった時も、外はまだそこそこまとまった雨が降っていた。今日は自転車。

いつもなら、ついていないなあ…なんて憂鬱な気持ちで自転車を漕ぎ出すのだが、今日はなんだか楽しかった。

 

ずぶ濡れになって自転車を全力で漕ぐ。濡れた街が街頭の光を反射して、そこかしこがキラキラと輝いている。テンションが上がる。

間違いなく、あの頃の興奮した気持ちが蘇っていた。台風マジックだ。

私は今も少年のまま。大人の階段はどのくらい登れているだろうか。