なめろうさん日記

日々のことを細々と綴るブログ

フィルムカメラはエモい

 

去年の暮れに、一念発起してフィルムで撮影する一眼レフカメラを買った。所謂「アナログ」な一眼だ。

 

私が使っているのは、PENTAXのMEというモデル。

f:id:NameLow:20170623013226j:image

こんなやつ。3~40年前のもの。

 

ネットオークションにて5000円ほどで落としたものだが、状態もよく、何不自由なく動く。良いカメラだ。

 

さて、こんなカメラで写真をパシャパシャと撮って、現像に出してみた。写真はキ〇ムラでデータ化してCD-ROMに入れてもらった。1100円。高いが致し方ない。

 

撮った写真がこちら。(地元バレしそうだ)

f:id:NameLow:20170623014144j:image

 

エモい。

 

※エモい…「エモーショナル」を形容詞化したスラング。感情を揺さぶられる気持ち。

 

やや褪せた色彩、高すぎない画質。

写真の下手さを加味してもなお、「いいね」と思えてしまう。

 

もう一枚いこう。

f:id:NameLow:20170626094618j:image

こちらは浅草で撮った写真。

 

うーん。エモい。

 

こちらも独特の色彩がある。

デジタル一眼レフで撮っても加工すれば「ぽく」なるかもしれないが、この味はなかなか、フィルム一眼レフならではの写りだろう。

 

 

いかがだろうか。

 

フィルムカメラ、なかなか良いものでしょ。

 

コレをたまたま読んで、なんとなく興味の出た人は写ルンですを買って写真を撮りに出かけてみてほしい。いい被写体がないかと、少し用心深く歩きながら。

 

いきなりフィルム一眼レフを買ってみるのもありだ。私はそうした。5000円で本格的なものが買えるからね。(写ルンですは1個あたり700~1000円ほど)

ただ、こちらは基本的にネットオークションで買うことになると思う。不具合のあるものを引いてしまうかもしれないので要注意。

 

 

夏になり、色々なものの色彩が強くなる季節だ。

また写真を撮りに出かけて、エモい写真を撮りたいなあ。

 

ついでに古着を買いに行くために、高円寺とか下北沢とか行きたい。

それでは。