なめろうさん日記

日々のことを細々と綴るブログ

今日も世界は廻る

 

人が亡くなったという話を聞くたびに、それでも明日は来るし世界は廻っていくんだなあ、と感じる。

 

その人がどれだけ偉大であったり、慈愛に満ちていたり、人から好かれていたり、あるいはどこまでも腐っていたとしても、関係ない。

 

時間が経てば世界には明日が来るし、世界は何も知らないよと言うように、静かに、いつも通りに廻ってゆく。

 

世界という果てしなく大きい存在は、まるで時間そのものを司っているようだ。

 

自分の大切な人が死んだとき、一緒に世界も死んでゆく。そんな世界があったら、幸せかもしれない。悲しみを背負わなくていいから。

 

そんなことを思っていた。