なめろうさん日記

日々のことを細々と綴るブログ

たのしい乗車率150%

 

今朝の話。

 

電車の遅延の影響で、通学の乗り換え駅はかなり混雑していた。

乗ろうと思っていた電車は来た時すでに乗車率100%と言えそうな程の満員電車であった。

 

「あー、これは1本見送らないといけないか」

と思った矢先、サラリーマンたちが乗り込む乗り込む。思わず私も負けじと突撃していた。

 

車内はまさに乗車率150%。「おしくらまんじゅう押されて泣くな」と子供の頃遊んだものだが、泣きそうなくらいのぎゅうぎゅう詰めであった。

自分の周り全てを他人がゼロ距離で囲む。四面楚歌。

 

しかしまあ、ここまでの満員電車となると、逆に楽しめてしまうことに気づいた。

今の自分の状況に諦めるしかないからだろうか。

 

手すりやつり革に掴まれない場所では、もう慣性の法則に従って他人に体重をかけざるを得ない。それが少し好きな瞬間だったりする。

周りも同じ状況である以上、迷惑ではないし。

 

そんなこんなで学校に着き、朝の人気のない広いラウンジでこの記事を書いた。解放感がすごい。

 

嫌なことでも、少しでも楽しむ余裕ができたら、人生はぱっと明るくなるのかもしれない。