読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なめろうさん日記

日々のことを細々と綴るブログ

バンドの善し悪しも人間性だなあ

 

ロックバンドの評価は、「曲の良さ」「歌詞の良さ」「演奏の上手さ」など、さまざまな視点から見た上で善し悪しが決まる。

 

その中でもバンドメンバーの「人間性」は、バンドの評価を左右する上で、かなり重要な役割を担うのではないだろうか?

 

 

知り合いのバンドに何度もライブに誘われていたので、ようやく行って観てきた。

 

バンドのクオリティは良かったよ。演奏上手いし、曲もまあまあ良かった。

 

しかし…話すどころか、挨拶もしてもらえなかった。

一応ではあるが、こちらは「知り合いだから」ということでライブにわざわざ足を運んだ「客」だ。

元々バンドのファンなわけでもなんでもない。

 

もちろん、最終的に行ったのは私自身。そんなこと気にすることではないと思う人もいるだろう。

 

しかし、何度も言うが、私はわざわざ観に来たのだ。ファンでもないのに。

 

すごく残念だった。

このバンドは、本来なら客にリピートしてライブに来てもらえるかもしれないチャンスを、自分で潰したというわけだ。

 

 

つまり、このバンドのメンバーは、人間性によって観客の数を減らしている。

観客の数を減らしているんじゃあ、何かでかい賞をもらったりスカウトでもされない限り、ファンは増えないだろう。

 

もうこのバンドのライブには行くことは無い。

 

そういえば、今年はエイプリルフールを忘れたまま終わった。