なめろうさん日記

日々のことを細々と綴るブログ

垢抜ける、ってなんだ?

 

バイト先の研修で、今日から3日間スーツで外出。

半年ぶりにスーツを着た。ネクタイの締め方が分からず、ネットで調べて四苦八苦。

 

研修は、大学生が多いようだった。

私がスーツなので周りも当然スーツなのだが、周りの人を見て思ったことがある。あるいは私もそうなのかもしれない。

 

ああ、なんだか大学生のスーツ姿は垢抜けないな、と。

 

そもそも「垢抜ける・垢抜けない」という言葉の基準があまりに曖昧な気がするが、少なくとも今日私はそう思ったのだ。

 

では、「垢抜ける」にはどうすればよいのだろう?

私は男なので、男の場合で考えてみた。

 

私は、何よりも「髪型」だと思う。

その次に、眉毛やヒゲの処理を含む、「顔つき」。

 

人の第一印象は、まず首から上、つまり顔と頭で決まるものだ。これは言い切っていいだろう。

そこで、髪型がボサついていたり眉毛やヒゲが伸び放題だったりとだらしなかったら、「垢抜けないなあ」という印象を持たれるのではないだろうか。

 

要約すると、「垢抜ける」ことは、「第一印象をすっきりと良くする」ことと通じるのだという結論。

大学生はわりとサボりがちな点なのでは?と感じた。私も気をつけてみよう。

 

違う考えの方がもしここまで読んでくださったら、コメントで教えてくれると幸いです。