なめろうさん日記

日々のことを細々と綴るブログ

らくらくメルカリ便は強い

 

私はよくメルカリを使う。

買い物をするだけでなく、小遣い稼ぎとして要らなくなったモノを売っている。

 

もうメルカリを始めておよそ2年になり、出品者がどの配送方法で荷物を送れば良いのかが明確に分かるようになった。

そのため、まとめておく。書いているうちにだんだん長くなってしまった…。

 

 

①らくらくメルカリ便は強い

これはタイトルのまんまである。らくらくメルカリ便(以下メルカリ便)は強いのだ。

 

メルカリ便は、相手に住所を知られることなく荷物を発送できるサービスのことだ。

「メルカリ便?使えるの?」といった感じで敬遠してきたメルカリユーザーも多いだろう。

しかしメルカリ便を使わないのはもったいない!

 

では、なぜメルカリ便は強いのだろうか?それには3つの理由がある。

 

まず、メルカリ便は【全国均一送料】であること。

ゆうパックやヤマトなどを普段利用する際、遠い地方や離島に送るとなると、なかなか高くついてしまう。

しかしメルカリ便は全国均一送料。どこへ送っても値段は同じ。これは便利であろう。

 

次に、メルカリ便は【ヤマトで配送】。

ゆうパックとヤマトを比べた際、品物を丁重に扱って配送してくれるのはヤマトだという話をよく聞く。この話は裏付けされているかは確認していないが、配送業者として第一線で地位を確立しているヤマトの品質は良いと言えるだろう。

 

最後に、メルカリ便は【安い】。

メルカリ便は、一番小さい60サイズで600円なのだ。ヤマトの品質でこの値段は良いよ。

例えば、ゆうパックは60サイズで690円。ヤマトは756円。こっちは持ち込みで発送すれば100円引きされるが、それでもヤマトで送ってもらえるメルカリ便のほうがお得。

 

さらに、メルカリ便では「宅急便コンパクト」も利用できる。こちらも全国均一送料で、380円で配送することができるため、かなり利用価値は高い。

 

②小さいものは「クリックポスト」で

クリックポストとは、郵便サービスのひとつである。

A4までの大きさ・1キロまでの重さの、ポストに入る厚さの荷物を、全国どこでも162円で送ってくれる。

ゲームソフトや本1冊程度のものなら、これがダントツに安い。

 

しかしこれにはひとつ難点がある。

パソコンで配送先を打ち込み、プリントアウトする必要があるのだ。

私は手間よりコスパを優先するタイプなので気にしないが、面倒な人は多いだろう。

 

そういう人は、やはりメルカリ便を使うことをおすすめする。こちらは「ネコポス」で送ってもらえる。全国どこでも195円だ。

紙など、メチャクチャ軽いものは定形外郵便を利用しよう。

 

 

いかがだっただろうか。

 

私はすでに「メルカリ」がゲシュタルト崩壊し始めている。多用してごめんなさい。

 

今やメルカリは数あるフリマアプリの中でも群を抜いて利用者数が多いサービスだ。

みなさんも、メルカリで賢くお小遣い稼ぎをする場合は、らくらくメルカリ便を上手く活用すると良いだろう。