読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なめろうさん日記

日々のことを細々と綴るブログ

縁側でえんがわを食べる

 

私は大学に通っている。テストが近い。

 

うちの大学の校舎の2階には、巨大な窓から道を見下ろせるベンチが存在する。今日はそこでお昼ご飯を食べた。

 

ここにいると、縁側でぼーっとする時の感覚を味わうことができる。

ここは縁側ではないし、我が家に縁側はないけど。

 

たかだか1階高いというだけなのに、いつもの道を歩く人々を見ていると楽しいのはなぜだろう。

ぼーっとしながら道行く人々を眺める。この前は道が工事されてたから、それを飽きもせずずっと眺めていた。

 

ここに辿り着く前、大学生協で「えんがわおにぎり」なる代物を見つけたので、買ってみた。

 

そして食べる。

縁側で、えんがわを、食べる。

 

厳密には、ここは縁側ではない。

 

おにぎりはおにぎりで、期待外れの味だった。えんがわ特有の食感を見事に殺している。

これなら、わさび醤油味の「何か」が具として入っていたほうが美味しい上にコストも抑えられるのではないだろうか。

 

というか、寿司風の味のおにぎりは、大体がわさび醤油だけ入っていればそれで成立する気がする。