なめろうさん日記

日々のことを細々と綴るブログ

「震える善者」という日本語

 

f:id:NameLow:20170110151521j:image

 

タイトルから意味が全く分からないと思います。

こんにちは。本日2回目の投稿です。

 

さっき道を歩いていたら、僕の後ろで話している女子大学生2人組の話がちらっと耳に入ってきました。

どうやら、共通の知人についての話のよう。

 

すると、その女子大学生がその共通の知人のことを

「偽善者ぶってるブス」

と、罵り始めました。

ひでえ。笑いそうになったじゃないか。

 

しかしここでひとつ疑問が。

「偽善者ぶる」って何だ?

 

考えてみてください。「〇〇ぶる」っていうのは、「〇〇のように振る舞う」ことですよね?

 

この場合、「偽善者ぶる」人、というのは、「偽善者のように振る舞う人」となります。

 

言い換えると、この人は「善者」になります。

「善者ぶるぶる」人です。震えてんのかソイツ。

 

ここまで考えて、既視感を覚えました。

調べてみたら、どうやら「善者ぶるぶる」は思いの外広まっていたようです。そりゃあ既視感も覚えますね。残念。

 

ともあれ、少し勉強になりました。

みなさんも、日本語の誤用で他人を震えさせないようにくれぐれも気をつけてください。

それでは!