なめろうのひとりごと

日々のことを細々と綴るブログ

ひとりごと:友人ほど無責任で最高な存在はいない

 

毎日を生きていて、ときどき親しい友人というものはやや不思議な存在だなと感じる時がある。

 

どんな部分が不思議なんだろう?

 

一言で表すと、「心は通じているけど無責任」という部分。

 

自分が悩みを抱えていたり辛いことがあったとき、家族や恋人には言いづらいなと思うことも多いだろう。けど、親しい友人になら言える。話を聞いて!と縋れる。

そんな心の開示や通じ合いは友人のすごく素敵なところだと常々思っているんだけど、同時に

 

結局他人だから無責任

 

ということが脳裏によぎってしまう。

僕は以前悩みを抱えていた時、それに絶望したことがある。

 

 

どんなに悩みや辛いことを共有できて心を通わせられたとしても、結局は自分じゃない。

同じ痛みは目の前の相手にはきっと分からないし、なにより背負ってくれるなんてこともない。

 

それはなぜか?

前述した通りだ。「自分」じゃないからだ。

 

そういった部分が、僕の中で友人という存在への絶望感へと繋がってしまった。もちろんそれで大切な友人を嫌悪したり敬遠したりすることはないけど、ね。

 

 

 

でも、いつの間にかそんなことは心から消えていったな。悩みやモヤモヤが以前よりかなり少なくなったからなのかな?

 

 

今はこう思ってる。

 

同じ「無責任」という括りであっても、友人なら気兼ねなく話せる。気兼ねなく相談できる。

それが逆の立場であっても、気兼ねなく話を聞いてやれるし、必要ならアドバイスだってできる。

 

友人は自分の人生を背負うわけじゃない。自分は友人の人生を背負うわけじゃない。なぜなら、他人だから。

でもそれが逆に心の枷を外してくれる。

無責任だからこそ、家族には言えないことを言える。無責任だからこそ、家族には言ってもらえない言葉を伝えてあげられる。

 

家族はたいていの場合本人のことを心配するから、安定とか現状維持な判断を望むことが多いと思う。

でも友人の言葉って、無責任なぶん前に進むためのトリガーにもなり得るんだよね、経験上。

 

最高だ。「無責任」って悪い意味で使われることが多いけど、考え方によっちゃ最高な言葉じゃないか。

 

 

だから僕は悩みを抱える友人に、せめて前に向かえるための言葉をかけてあげたい。

なぜなら、無責任な他人だから。親しい他人にこそ紡げる言葉があるし、伝えられる想いがあるから。

 

反対にもし僕が行き詰まった場合は、無責任でもいいから前に向かえるための言葉をかけてほしい。次へ進めるように。未来へ歩めるように。

 

 

これからもよろしく。

 

 

大切な友人たちへ。

 

では。

 

ひとりごと:モテ男の回想(やかましいわ)

 

今では冴えないただの爽やかなだけのメガネな僕ですが(これこそやかましいわ)、こんな僕にも一度「モテ期」というものがやってきたことがあります。

 

期間は小学5年の頃から3年間。1年に1回ずつ女の子に思いを寄せられてた…という。

 

いやべつにそんなことを自慢したいわけじゃなくて。その中でいくつか後悔してることがあって。

 

 

 

小学5年の頃、昼休みに女の子から呼び出されたことがあった。

ただの呼び出しならよかったんだけど、本人は緊張した顔だし、なんか周りの女子は意味ありげな微笑ましい表情を浮かべてるし、明らかに妙な雰囲気を感じて、これはただならぬことだ、告白されるやつだ…と察知。

 

でも、小学男子ってやっぱり子供なんだなぁと思うのは、そういう「女子と付き合う」みたいなのってすごく恥ずかしかったんだよね。

 

だから逃げちゃった。

 

昼休みのあいだずっと校舎を誰にも見つからないようウロウロして、最終的にはトイレに立てこもって。

 

だせえ!!!

 

ださいのもそうだけど、なによりその子にはすごく申し訳ないことをした。べつに好きな子じゃなかったけど、たとえ自分がダサい小学男子であっても、その子に対して真摯に向き合うべきだった。

という後悔。

 

 

 

もうひとつは中学1年のころ。2月半ば。

部活の途中、特になんとも思ってないクラスの女子に呼び出された。

 

もしや?と思ったら予想は的中。今日はバレンタインデーじゃないか。

 

本命チョコを渡された。。手作りの本命チョコを貰ったのは、高校3年から付き合ってる今の彼女(好き)を除くと後にも先にもこの一回だけ。味は覚えてないけど、「女子からチョコをもらってしまった」という異様な心臓の高鳴りは今でも覚えてる。だせぇな。

 

でもやっぱり好きな子じゃなかった。あの子の想いには応えなかった。ホワイトデーも何もしなかった。

しかし、ホワイトデーに全くお返しもしなかったのはかなり間違ったことをしたと思ってる。少しくらいお返しをしてあげればよかったし、なによりきちんと真摯にお断りをするべきだった。

 

正直どうするのが正解だったのかはわからないけどね。本命チョコをもらったら、ホワイトデーになにか返しちゃったら「OK」ということになっちゃわないかな?とか考えてしまったし。

 

 

あ、そういや、その子がショートカットにしてきたときがあったな。

あの時は特になんとも思ってなかったけど、よく考えたら俺「女の子の髪型なにが好き?」みたいな質問されたことあったわ。ショートって答えたけど、それで切ってきたのかな。女の子ってすごいね。

 

 

 

以上です。

 

後悔とは言ってみるけど、べつに損したわけじゃないし後悔とも思っちゃいない。ただもっとちゃんと男らしく向き合うべきだったよなぁと。

どうでもいいっちゃどうでもいいけどね。たかが小学校中学校の話だ。

 

 

心理学の「返報性の原理」についての記述を読んだら、なんとなくバレンタインデーの話を思い出したので書いてみた。

 

もらった恩はなにかのかたちで返そうね。

 

 

それだけです。

 

では。

 

汚いauにサヨナラバイバイ、俺はUQと旅に出る

 

f:id:NameLow:20180703031300j:image

 

先日auを解約し、UQモバイルに変えた。

 

中学に上がる頃に親にauで携帯を買い与えてもらってから、約8年。「だいたいそんなもんだろう」といえばそう言えてしまう期間ではあるが、それでもまあまあ長かったと思う。青春をともに駆け抜けた。

 

まあアッサリ解約したけどね。

解約した理由は「料金が高い」こともそうだけど、なによりサービス内容が分かりづらすぎるし、調べれば調べるほどに搾取されていることに気づいたから。

 

あなたの契約している携帯電話会社が3大キャリアのどれかであれば、一度きちんと脳みそを使って「自分は搾取されていないか?」を考えてみてほしい。この記事はauの人しか対象にできないけど、せめてマインドの点でそのための一助になれば嬉しい。

 

(この記事はアンチauであり、UQモバイルを勧めるものではありません。格安SIMについては検索してその辺のサイトでも覗いてください)

 

 

もくじ(いらなさそう)
お得そうに見えてゴミみたいなプラン
アップグレードプログラムの罠

 

 

お得そうに見えてゴミみたいなプラン

 

格安SIMの台頭により、いわゆる3大キャリアと言われる携帯3社は顧客をグングン吸われているらしい。MNP(携帯番号を変えずに乗り換え)についての情報サイトもすごく増えたし、今から格安SIMに乗り換える人のハードルはグッと下がったように思う。

 

そんな格安SIM各社に対してauが打ち出した、ピタットプランというやつ。月々1980円~ですよ!とか謳ってるし、すごいお得じゃん!! 

…と思ったら、1GBだけ使った場合の金額かよ。しかも「スマートバリュー」だ何だかんだって割引した上での金額かよ!!

 

公式サイトより↓

f:id:NameLow:20180702182209j:image

お支払いイメージじゃねえよ死ね

 

だからこの「1980円~」ってぜんぜん1980円じゃないんだよね。

しかもそこにスマートパスだデザリングだ、って料金が上乗せされるし。。

 

それに、普段スマホを使ってるから誰もがわかると思うけど、1GBの通信量って現実的じゃないよね。

しかも「使った分だけ」を売りにしてるって、反対に言えば「限りがない」ということ。今までなら通信量を使い切れば通信制限にかかって「あ~今月使いすぎた!!」でおしまい、だったものがこれだと知らないうちにバカスカ使ってしまう危険性がある

 

もちろんそれが自己管理できる人ならいいんだろうけど、そんなまどろっこしいことするんだったら普通に格安SIMに乗り換えたほうが楽

 

つまりは結局高いまんま。君らこのサービスで何がしたいの?あと、「月々○○円~」っていう最低金額は絶対に非現実的だということを学んだ。

 

 

 

 

アップグレードプログラムの罠

 

auで新しく機種変更するときにほぼ確実に勧められるものがある。

アップグレードプログラムだ。

 

これは携帯本体を24回の割賦契約した場合、12ヶ月以上利用すれば、最大7ヶ月分の残り代金が実質無料になるというシステム。自動車でいう「残クレ」に少し近いかもしれない。月額300円。

 

これさ、マジで罠だらけだから。

 

まず、実質無料という点について。

これって「残りの金額、完全に0円にしちゃう!」じゃないんだよね。「本当は支払いが残ってるけど、こっちで毎月の請求から割引しますね!」なのね。だから「実質」無料。

あと、アップグレードプログラムで機種変更したら今度も同じように加入しないとダメ。選択肢がない。

 

それに加えて、もし12ヶ月目以降に「まだ今の携帯このまま使おう!」となった場合でも、プログラムを解約したらそこで今まで月々300円ずつ積んでいたものはすべてパー。1円も返ってこない。

 

つまりどういうことかっていうと、もし仮に「アップグレードプログラム要らないなぁ」って思った場合、解約してしまったら残りの機種代金は払わなきゃいけない上に、今まで払っていたプログラム料は返ってこない。

アホらしくなりませんか?

 

確実に毎年スマホを最新のものに買い替える人には便利なのかもしれない。しかし例えばiPhoneの中古値段相場を調べてみてくれ。去年発売の8やX、6~9万で売れてるから。

一方でアップグレードプログラムを適用した場合は多くても6000円程度+7ヶ月分、の約42000円しか得にならない。自分をわざわざ不便なもので縛って、なおかつ損してるっていうことだよ。

 

 

ピタットプランにも共通することだけど、客を「目の前にある得」で釣って分かりづらいサービスに契約させる。それがあとで不要になったらお金だけぶん取る。ヤ○ザだよね、もう。

 

それに、この「解約したらお金だけぶん取られる」という事実に気付いた場合でも、人ってなかなか解約できないんだよね

サンクコストバイアスっていうんだけど、人は心理的「すでにお金や時間を支払ってしまったという理由だけで、損な取引から手を引けない」傾向があるらしい。

きっと向こうはそれを知ってる。それを加味して勧めてきてる。きたねー。

 

 

 

はい。熱を持って書き上げてしまった。

本当はau解約したらスマートバリューのクーポンが無くなった。要らないと思ってたけどいざなくなるとチョットさみしいね😘」というのを書こうと思ってたんだけどなぁ。笑

 

もしかすると僕の説明には少し間違ったところがあるかもしれない。しかし、解釈を間違うってことはそのサービスがどこまで分かりづらいのか、という話であって、なおさら契約するのは避けないといけない。掌の上で転がされちゃダメだよ。

 

格安SIM各社の料金プランは3大キャリアに比べるとすごく簡素。それでも分からないところがあるのなら、詳しく解説されたサイトは山ほどある。

 

あなたが搾取される側でないことを祈ります。

 

ここまで読んでくれてありがとう。

 

では。

 

 

レイプされる夢を見て気付いた女の絶望

 

朝から最悪の気分で文章を書いています。

 

レイプされる夢を見ました。

 

しかも、僕はそこでは女で。

 

 

全く力が足りなかった。

抵抗したくてもできなかった。

ただただ目の前にあるのは恐ろしさと絶望だけだった。

 

夢の中の話で何言ってんだこいつ、というのもわかるにはわかるけど、疑似体験でも体験したものは体験なんだわ。

 

 

そこで気づいたのは、女性という性の絶望感だ。

 

ああいうクソみたいな状況下に置かれた時、女性というものはあまりに無力で、ほんとうに絶望しかなくて。

正直自分の力じゃどうにもならないんだなと気づいてしまった。

 

 

「レイプは絶対にダメだ」なんていうことは知っちゃいたけど、擬似であれ実際に体験してみると心境が全く違う。

人権の蹂躙である、って言葉では簡単に言えるけど、これをもっと精細に効果的に言語化して伝えるのすごく難しいよ。

 

 

あーーー、今日は最高にいい休日を過ごそう。(前回の記事参照)

 

「いい休日だね!」を素直に喜べない

 

今日はひとりで代々木まで行って野外ライブを観る予定で、1ヶ月以上前からすごく楽しみにしていたんだけど。

それを彼女に話したら、「いい休日だね!」と言われた。

 

うむ、週末にひとりで、それも野外でライブを観て「たのし~~!」ってなって、時間が空いたら隣駅の原宿まで洋服を見に行っちゃったりして、夕方にはこっそりコンビニで買ったお酒を飲んじゃったりして、ホクホクした気持ちで帰路につく…最高にいい休日じゃないか。

 

 

でもまって!

 

それ、いま僕しようと思えば毎日できちゃう!!

 

 

というか、休学して半分フリーターみたいな人生を送ってるので、乱暴な言い方をすれば毎日が休日なんですよね、僕。

いやまあ勉強は少しはしてるけどさ、気持ち的な意味で…

 

毎日休日みたいな人間に、いい休日もクソもない分けで。毎日が比較的ハッピーなわけで…。

そのため「いい休日だね!」という言葉に素直に反応することができなかった。「なんかごめんなさい!」という気持ちになってしまう。

 

 

すごく素敵な人生を歩ませてもらっていると思った。再認識した。

 

そんな素敵な人生を、社会に戻っても続けられるような生き方をしないとね!とも同時に。

 

そんなことを思う深夜3時前です。

 

おやすみなさい。

スマホをポイントカードにして財布レスをはじめよう

 

先日、iPhone8plusを購入した。

ポートレートモードで写真を撮るのが楽しいし、画面は大きくて見やすいし、なによりApple Payが使えて最高だ。

 

さて、Apple PayでSuicaを取り込んだことによって、今まで使っていた物理カードは必要なくなる

 

それってつまり財布の容量が空くということで、持ち物が減るということで。

ミニマリズムを理解して以来それにずっと憧れを感じていた僕は、この際ポイントカードも出来る限りiPhoneに入れてしまおう!と決意。

 

そこで使ったのがStocardというアプリ。紹介リンク貼っておきます。

 

これはざっくり言えば「ポイントカードのバーコードを読み取ってスマホに登録する」というアプリで、App Storeでの評価もそこそこ高い。

使い方は簡単で、登録したいポイントカードのバーコードをカメラに写すだけ。おしまい。

 

ららぽーとみたいなバーコードじゃないタイプのポイントカードは登録できないから持ち運ぶ必要があるんだけど、それでも僕の場合はこれだけのカードをアプリに収納することが出来た。

 

楽天ポイント

Pontaカード

・ヨドバシゴールドポイント

くまざわ書店Kポイント

富士薬品ポイント(セイムス

・快活CLUBの会員証

あとは別で公式アプリを入れてTポイントとBEAMSのポイントカードも登録。これらはStocardではうまく読み込めなかった。

 

ひとつ注意としては、ポイントの運営が出してる公式アプリではないこと。うまく取り込めても、実際お店で使えない場合もあるみたいだから試行錯誤は必要かも。

僕の場合は今のところ問題ないから気にしなくても大丈夫だと思うけど。。

 

 

しかし正直これだけでも、財布の厚みはけっこう変わった。

そして改めて思ったのは、お会計のときに時間かけて財布の中の大量のポイントカードからひとつを探し出す手間ってほんとうに無駄だし、なによりパツパツになってる財布ってダサいんだなーと。必死感が滲み出る。笑

 

僕が持っていて登録できたのはこれだけだったけど、Stocardに入れられるカードの種類はかなり多い。ぜひ一度試してみてほしい。

 

これからの人々はどんどんお会計に財布を出すことが少なくなっていくだろう、間違いなく。

ポイントカードはスマホに入っているし、決済はApple PayのSuicaで済ませられる。手間もかからなければアセアセ小銭を出す時間もかからない。客も店員もストレスなく決済ができるって最高だと思う。

 

せっかく便利なスマートフォン。使えるものは積極的に使って、スマートに生きよう!

バカにはなりたくないというくしゃみの話

 

どうやら、男という生き物はオッサンになるにつれてくしゃみがデカくなっていくらしい。

幼少や小学生の頃はせいぜい「へっくし」程度だったものが、歳をとるにつれ「はっくしょい!」に変わり、やがて「ア゙ア゙ッグホォン!!!」のくしゃみと共に中年を迎える。

 

 

はっきり言って、迷惑だ。

 

 

公衆の面前でとつぜん大声を張り上げるなんてバカのやることだ。だからくしゃみのデカいオッサンはもれなくバカということなのだろう。

 

 

なぜくしゃみを大音量でする必要があるのだろうか?

他人に無駄な迷惑をかけ、声帯に負担をかけ、「オッサンだなぁ」という烙印を押され、なにもいいことなんてないのに。

 

 

かつて人類で初めて月面着陸に成功したアポロ11号のCPUは、せいぜいファミコン2台分程度のものだったそうだ。あんなにデカいのに、だ。

しかし技術の進歩とともに、巨大だった機器類は小さく、同時にハイスペックになっていった。その中でも顕著なのが携帯電話で、昔はカバンと同じくらいの重たいものを持ち運び「しもしも〜?」なんて言っていたのに、今や手のひらに薄い板が1枚だけ。

それもできるのは電話だけじゃない、かざすだけで電車に乗れたり買い物ができるし、高画質なゲームができるし世界中の音楽が聴けるし、映画だって見られるようにまでなった。

 

 

ゆえに、ものは小さいほうがハイスペックだ。大きいのはバカだ。

iPhoneは画面でかいほうが見やすくて好きという例外はある)

 

だから僕は意図的にくしゃみは小さめに抑えている。かわいくしたいわけではないけど、かわいいと言われればそれこそ得だよね。

 

 

ぜったいにくしゃみのデカいバカなオッサンになんてなってたまるものか。

 

 

 

数日前、パソコンで作業していたときに自分の思う通りにパソコンが動かずイライラが止まらなくなり、たまたま出そうだったくしゃみを半ば叫ぶように大声で出してみた

 

 

爽快感。

 

 

 

 

あ………なるほど。

 

 

バカの気持ちがわかった瞬間である。