なめろうさん日記

日々のことを細々と綴るブログ

ひとりの時間が長すぎた

 

友達を作れない。

作れなくなってしまったのか、それとも今までも自ら作ってこられなかったのか。それはわからない。

 

大学には、友達はひとりもいない。

プライベートで遊ぶ友達なんかもちろんいないし、大学で顔を合わせ机を並べる友達もいない、しまいには「よっ友」ですら、ひとりもいない。

 

この大学2年間の自分の人生が、人との関わり方を希薄にしてしまったように感じる。

 

秋に新しくバイトを掛け持ちで始めて、そこには同い年の大学生が多く働いていて。

今まで一度も「同い年のバイト友達」との出会いが無かった私にとっては、すごく魅力的な環境だった

 

はずだった。

 

もちろん、仲の良い友達もできた。

家の方向が一緒で、出勤が被るたびに一緒に帰っていた。まあそりゃあ仲良くもなる。

 

しかしバイトを始めて4ヶ月を迎えようという今、気付いたらバイト先に馴染めていない感覚しか無い。

 

私の「仲の良い友達」は、バイトを始めた時期もほとんど一緒だった。

しかしどういうわけだか、明らかに「馴染めている度」が違う。向こうの方が圧倒的に馴染んでいる。

 

かたや私は、「仲の良い友達」がいない限り、バイト先で朗らかに笑えない。ぎこちない。

同い年の仲間はたくさんいるのに、輪の中に飛び込んでいけない。

 

コミュ力?

どういうこと?

 

そんな考えが頭によぎった途端、不安になる。

 

「アイツとは絡みづらい」「彼、暗いよね」そう思われているのでは?

心の中のマイナスが、容量を超えてゆく。大雨で増水した川が、堤防をぶっ壊すように。

 

最後に残るのは、漠然とした劣等感。

大学で幾度となく感じてきた、漠然とした劣等感。

 

そして、避けてしまう。ひとりになりたくて。

 

なんでこうなってしまったんだろう…そんなに道を踏み外したのだろうか。

 

4月を迎える頃には、仲良くなれているのだろうか。楽しいことは増えているのだろうか。

 

終点。千葉駅。今日も私はひとり。

きっかけと人生、そしてHIKAKIN

 

 

唐突な話をしよう。

 

半年前まで、私はHIKAKINが大嫌いだった。

理由はふたつ。

 

①顔が似てると他人に言われる

 

これがまず腹立たしかった。

私も男である以上、「似てる」と言われるならイケメン俳優とかモデルがいい。

 

菅田将暉に似てる!」竹内涼真っぽい顔立ち〜♡」

こういうのに憧れていた。しかし実際は。現実は。

 

「HIKAKINに似てるよねw」

 

良くて星野源ほとんど言われないけど。

 

 

②変顔の連発

 

そしてこれ。単純に不快だった。特筆することはない。

 

 

 

しかし人間というのは、きっかけがひとつあると、コロッと変わってしまうものだと実感した。今では私はHIKAKINのことが大好きなのだ。

 

そのきっかけというのは、ちょうど半年前にHIKAKINが行った、Nintendo Switchのプレゼント企画

そこで応募したい視聴者にチャンネル登録と通知をONにさせてからの、翌日「九州北部豪雨の被災地に募金しませんか?」という広告なしの動画。

 

正直、参った。

彼は、人を幸せにすること、喜ばせることにおいて、あまりに長けていると感じた。

 

さらに他の動画も見てみたら思っていたよりも楽しめて、気づいたら毎日のように見るようになっていた。

 

言ってしまえば、私は彼の優しくあたたかい人間性というものに惚れ込んでしまったのだろう。

 

 

だから、今は「HIKAKINに似てる」と言われてもむしろ誇らしい気持ちになるし、動画で彼の笑顔を見るたびにヒカキンはかわいいなあなんて思う。あれだけ不快だった変顔でさえ今では愛おしい。

 

f:id:NameLow:20180209010157j:image

かわいい。(拾い画。画像暗いな)

 

東海オンエア?すげえ笑えるよね。

フィッシャーズ?面白い(らしい)ね。(知らんけど)

 

でも私はHIKAKINに「面白さ」「笑い」を求めているわけではない。動画から伝わる彼のあたたかい人間性やかわいい笑顔を見ることで「癒し」を得ているのだ。(HIKAKIN過激派になりつつある)

 

 

つまるところ、食わず嫌いだったのだと思う。

彼の本質を理解しようとせず、見た目だけで判断し「なぜこんなのが」と見下した。間違っていたのは私だった。

 

 

 

だから、これを読んでいるあなたが今嫌っているもの、見下しているものがあるとしたら、少しそれを見る角度を変えてみてほしい。ちょっとしたきっかけで好きになれるかもしれない。

 

人生は、嫌いなものが多いのより好きなものが多いほうがずっと楽しいよ。きっと。

 

 

 

最後に、個人的なHIKAKINオススメ動画を貼っておく。みんなも動画を見てHIKAKINのお財布を潤わせよう

 

 

では。 

「防寒対策」って、何?

f:id:NameLow:20180202090810p:image

 

寒いっすね。

大学のテストが無事死亡したなめろうです。

 

 

こうも寒いと、あちこちでこんな言葉をよく耳にします。

「『防寒対策』をしっかりして〜…」

 

ぼく「ほ〜ん…」

 

 

「防寒対策」って、なに???

 

テレビでもどこでもみんなが当たり前のように使っているせいで誰も指摘しないのかもしれないけど、それってつまり「頭痛が痛い」と同じじゃない?

 

そういう「言葉の細かい指摘」は、例えば「ら抜き言葉」は時代の流れとして認められるべき、が私個人の見解なんだけど、「防寒対策」に関しては、意味が違うからさあ。

 

「対策」というのは「寒さ」に対して行うものであって、「防寒」はこの二文字ですでに寒さへの対策はできている状態

だから、言うなら「寒さ対策」だろうし、「防寒」を「対策」しちゃったらそれは本末転倒な結末になってしまうのではないだろうか。

 

寒くあれぇ〜〜!!!!(天の声:三四郎小宮)

みたいな。

 

 

 

 

は?

 

 

 

ともあれ、世間のことばに対する私の小さな反論。

早く春になるといいね。

祝・1年

 

この世で最も信じてはいけないものはxvideosの「schoolgirl」という言葉だと思います。

どうもなめろうです。

 

 

さて、気づいたら〜という感じではあったんですが、おかげさまでブログ開設から1周年でございます。

(イェーイイェーイパフパフ)

 

読んでくれる方ってのはちらほらとしかいないですが、まあ好きなこと好きなように書いてるだけなので、一人でも読んでくださる方がいるだけで万々歳です。

 

ちなみにこれが記念すべき1回目の投稿。しょっぱなから頭が悪そうですね。

 

はてなブログにはアクセス数を見られる機能があって、記事を投稿するたびにそれを見ることでムフフってなったり。

ブログって続かないもんだと思ってますが、自分の場合はこの機能のおかげで続けられたかな〜。

 

この際「完全に更新ペース落ちてるやんけ」などという指摘は野暮です。無視です。

 

これからもちまちまと文字を書いていこうと思います。

この1年も、どうぞよしなに。

 

白石麻衣に心がザワつく

 

f:id:NameLow:20180127021924j:image

白石麻衣はかわいい。

これは「物体は重力に従い垂直に落ちる」よりも当たり前のこと。宇宙の真理。

 

私は乃木坂ファンというわけではないが、白石麻衣のかわいさ(というかもう『尊さ』)は群を抜いていると思う。アイドルじゃねえ。尊い人。

ちなみに白石麻衣に拮抗するポテンシャルを持つのは西野七瀬といえるだろうが、今回は白石麻衣の記事なので割愛する。

 

 

さて、私は白石麻衣の笑顔を見ると、なんだか心がザワザワしてしまうという悩みを抱えている。

CMだとかテレビで白石麻衣の笑顔を見てしまう度に、ザワつく。

「んっ、おっ…」って感じ。

 

f:id:NameLow:20180127022538j:image

透明感。

 

この感覚はなんなのだろう。皆目見当もつかない。

 

正直な話、私はオタク気質なので「萌え」が好きだしかわいい女の子も大好きだ。

 

しかし、「心がザワつく」という事態はおかしい。自分そういう「遠い存在に恋しちゃう♡」ようなタイプじゃない。まず白石麻衣を追っかけてるわけじゃないし。

 

f:id:NameLow:20180127023109j:image

くすみ という概念が存在しない世界

 

白石麻衣が誰かに似てたりするんだろうか。でもこんなに「洗練された」感じの笑顔をする人は周りに居ない。

 

非常に困っている。誰か助けてほしい。このままでは間違いなく写真集を買う。

 

「まいやんはこの人に似てるよね」「その気持ちわかるで」「俺こそが白石麻衣だ」etc…

なにか心当たりがある人はぜひ教えてほしいです。3つ目みたいなことを言う人は叩き千切ります(新しい暴力)

 

あ〜、白石麻衣は神。造形が素晴らしい。

ガッキーと同じくらい「圧倒性」を持つ美人だと思う。

 

私個人としては、アイドルよりももっとモデル業とか持ち前の美しさを売りにした商売をしてほしいな、と思う。まあ見たいだけだけど。

 

1度くらいは握手会に行ってみるのもありだと思った。

では。

 

 

 

※これ金曜の深夜に勢いで書いたんですけど思いのほか時間かかって翌日のバイト普通に寝坊&遅刻しました

変化とアイツと私

 

ごぶさたあけおめことよろ。どうもなめろうです。

近頃はHIKAKINの動画ばかり見ています。そのうち記事書くと思う。

 

 

さて、あなたには「できれば会いたくない人」「見かけたくない人」がいるだろうか。

私にはいます。何人か。

 

詳しいことは省くけど、彼らのことは中高生だった頃に知った。青春時代。

そして今の姿をSNSを通して見る度に「あぁ…」と残念な気持ちになる。

 

なにがあったのだろうか、というと、端的に言えば「変化」だろう。

環境の変化、人間関係の変化、趣味の変化。それらの要因に引っ張られる形で、人そのものが変化する。

 

「いったい何が彼らを変えてしまったのか!」なんていうのは愚問で、だいたいが上の3つの要因に収まるのではないだろうか。誰に限らず。

 

その変化が本人に良い影響を与えるかどうか。というのも大事だろう。

 

 

長くなってしまったが、私は彼らの「変化」が嫌なのだ。

できれば記憶の中のまま保存しておきたい。

 

私にそんなことを言われても、「は?」となるだけだろうけど。

 

 

 

なんかそうやって変化を嫌っているうちに、変化の無い自分だけが取り残されていくような。そんな不安を覚える。

 

もしかしたら、変わってしまったのは私のほうなのだろうか。

人を見る目。将来への気持ち。希望とか絶望。

 

 

なぜかズーンと暗くなる締めくくり。

書くことないんでこの辺でドロン。では。

 

1日を無駄にしたい

 

台風。大雨。そして寒い。

今日は絶好の「1日を無駄にする日和」だ。

 

こんな日は昼頃に起きてそのままダラダラとゲームしたり本読んだりギター弾いたり昼寝したりして、無駄な1日を過ごすのがいい。

 

ちなみに無駄な1日に肝要なのは「休日である」ことで、こういう1日を、平日学校をサボって過ごしても意味がない。罪悪感のある休日なんて休めない。

あと、晴れててもダメ。晴れてたら、夕方になってから「あぁ、今日は出かけられたな…」なんて残念な気持ちになるからダメ。だから今日みたいな日がベスト。

 

さあみんなも今日は1日を無駄にしよう!

 

 

 

 

 

なんて書いた俺はバイト。そして遅刻。

 

スーパーウルトラグレートデリシャスワンダフルだるい。

こんな大雨の日、俺ひとりいないところで何も変わらないと思うんだが。

 

バイトは2つやっていて、ひとつは地元、もうひとつは電車で都内まで行っている。今日は後者。ゆえにだるい。

 

家から駅までは遠いから無理にでも自転車を漕がなきゃいけないし、そうなると雨がっぱを着なきゃいけないし、そうなると高校生みたいで恥ずかしいし。

ぎりぎり電車に間に合ったと思ったらSuicaの残高不足で駅に入れてすらくれないし。いいだろ後で精算すりゃ。馬鹿みたい。

 

おまけに、退勤する22時頃には台風が関東にぶつかってくるときた。やってらんねえよ。ちゃんと家に帰れるかすげえ心配。

 

慰めてください。あるいはラーメンおごってください。

 

帰りたい。